読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DASHiの旅ノート

旅をしながら働くブロガー/翻訳者の雑記

ブラウザ版Instagramの表示言語がおかしいと思ったらChromeの言語設定を日本語の優先度を変更する

Instagramを始めてみました(@OHexuan)。

で、PCからもアクセスしたいなと思ってChromeからInstagramにログインしてみたら、表示がポルトガル語になってしまいました。

ブラウザ版Instagramの表示が外国語に!

f:id:ohexuan:20170509214915p:plain

うーんこれはちょっと困った。

Instagramの設定画面を開いても、言語設定らしきものは見当たらず…

そもそもポルトガル語が読めないので設定画面の意味を理解するのすら一苦労orz

f:id:ohexuan:20170509215104p:plain

「インスタ 日本語表示にする」などで検索してわかったのは、「アプリの言語設定に依存する」ということ。

www.facebook.com

スマホじゃないし、と思ったけどこれはブラウザ版でも同じようです。

それにしても自分のChromeは日本語表示になっているはずだけど、と思いつつ設定画面を開いてみたところ、その原因が分かりました。

Chromeの言語設定の開き方

その前に、Chromeの言語設定はちょっと分かりにくいところにあるので、言語設定までの行き方を紹介します。

1.Chrome画面右上の3つの点をクリックして設定画面を開く

f:id:ohexuan:20170509215623p:plain

2.設定画面を最後までスクロールして、「詳細設定を表示…」をクリック

f:id:ohexuan:20170509215729p:plain

3.「言語」のカテゴリーにある、「言語と入力の設定…」をクリック

f:id:ohexuan:20170509215811p:plain

4.対応している言語が左側のリストに表示されます。

f:id:ohexuan:20170509215952p:plain

原因は「優先順位」だった

ここで日本語を選んでみると、「Chromeはこの言語で表示されています」とのこと。

f:id:ohexuan:20170509220142p:plain

確かにそのとおりです、がもう一度画面をよく見るとこんな表示がありました。

f:id:ohexuan:20170509220320p:plain

「ドラッグして優先度に応じて並び替えてください」

なるほど、Instagramはこの左側リストの並び順を見て表示言語を決めているのかもしれません。

で、私の場合はなぜか日本語より上の順位にポルトガル語が来ている、と。

最近調べ物でポルトガル語のサイトばかり見ている(もちろんGoogle翻訳を使って)ので、知らずに設定を変えてしまったのかもしれません。

ということで、試しに日本語をリストの先頭に持ってきます。

f:id:ohexuan:20170509220906p:plain

そして、設定を保存すると…

f:id:ohexuan:20170509221039p:plain

Instagramの表示が日本語に戻った!

なんとかInstagramの表示が日本語に戻りました。

f:id:ohexuan:20170509221139p:plain

海外生活をしていて、WEBサイトの言語が勝手に外国語表示になって困っている人は、一度試してみるといいと思いますよ!

レンタルサーバーのphpMyAdminの言語設定を日本語に戻す方法

私の契約しているレンタルサーバー(エックスサーバー)のphpMyAdminポルトガルからアクセスしたらポルトガル語表示になってしまいました。

f:id:ohexuan:20170506065747p:plain

え、私ポルトガル語分からないし…と一瞬焦ってしまったので、自分のためにもphpMyAdminを日本語設定に戻す方法をメモしておきます。

私はエックスサーバーを利用していますが、他のレンタルサーバーでも基本的には同じ方法でできると思います。

1.ログイン直後のページから言語設定を探す

もし、焦って別のページに遷移していたら、慌てず左ペイン上のホームアイコンをクリックして、最初の画面に戻りましょう。

言語設定のドロップダウンは、このアイコンが目印です。

f:id:ohexuan:20170506070429p:plain

2.ドロップダウンから「日本語」を選ぶ

言語設定のドロップダウンを見つけたら後は簡単、ドロップダウンを開いて「日本語」を選ぶだけです。

f:id:ohexuan:20170506070536p:plain

3.完了!

phpMyAdminの画面が日本語に戻りました!

f:id:ohexuan:20170506070656p:plain

【オススメ】私は自分のサイトをエックスサーバーで運用しています。

エックスサーバーは月額900円(長期契約の場合)という低額なのに、サーバーのスペックと安定性には定評があります。

私も2年以上利用していますが、これまで一度もトラブルにあったことがありません。

しかも、独自ドメイン無料プレゼント、毎日自動バックアップ、マルチドメイン無制限、独自SSL無料などなど、特典が盛りだくさん。

月間100万PVぐらいまでは、たぶんここを使い続けるかなと思います。

ポルトガル・リスボンの1ヶ月定期(乗り放題PASS)を購入する方法

f:id:ohexuan:20170429095940j:plain

ポルトガルリスボンにしばらく滞在しています。

リスボンで公共交通機関に乗る

リスボンの地下鉄・バス・近郊電車(コンボイオ)・路面電車(エレクトリコ)に乗るには、こんなカードを購入するのだと教えてもらいました。

f:id:ohexuan:20170429094642j:plain

このカードはViva viagemと言って、本体が0.5ユーロ、これに運賃分をチャージして購入します。

出発駅と降りる駅を指定して、ぴったりの額をチャージすることもできますし、Zappingと言ってあらかじめ一定額をチャージしておくこともできます。

リスボンの券売機はこんな感じです。

f:id:ohexuan:20170429095012j:plain

それぞれの交通機関の運賃は、リスボン市内中心部に限れば均一料金になっています。(郊外に行くと段階的に料金が変わるようなのでここでは省略します)

  • 地下鉄(メトロ):1.25ユーロ

  • 近郊電車(コンボイオ):1.3ユーロ

  • バス(アウトカッホ):1.85ユーロ

  • 路面電車(エレクトリコ):2.9ユーロ

観光旅行などでは1日券もありますが、それらは観光ガイドなどに書いてあるので割愛するとして、今日は30日パスを購入する話です。

リスボン交通の30日パスを購入する

f:id:ohexuan:20170429100016j:plain

さて、リスボンにしばらくいることにしたのですが、交通機関の料金が結構バカになりません。

1日あちこちを移動したりすると、交通費だけで10ユーロ(約1200円)近くになってしまうことも。

そんな時、知り合いから「パス」を作ると30日30ユーロちょっとで交通機関が乗り放題になると教えてもらいました。

リスボンに住所があれば、外国人でも作れるとか。

申請から発行まで時間がかかったり、多少の面倒はあるようですが、3日分ちょっとの交通費で1ヶ月乗り放題になるなら試さない手はありません。

さっそく作ってみることにしました。

どうやらまずは、その「パス」をチャージするための「Lisboa Viva」というカードを発行しないといけないようです。

Lisboa Vivaを作る

翌日発行を受け付けているというmarques de pombal駅へ向かいます。

f:id:ohexuan:20170429100221j:plain

サービスカウンターに行って、その辺に置いてある申込用紙に記入します。

f:id:ohexuan:20170429100316j:plain

記入するのは、氏名(2箇所)、性別、生年月日、パスポートの情報、リスボンの住所、電話番号ぐらいだったと思います。

NIF(納税者番号)はなければ記入不要です。

翌日発行してもらうために、「Urgente」にチェックを入れます。

写真が1枚必要ということなので、すぐ後ろにある写真屋さんで撮影してもらいます。5ユーロでした。

f:id:ohexuan:20170429100604j:plain

用紙に記入して、写真とパスポートを用意して、サービスカウンターの行列に並びます。

f:id:ohexuan:20170429100706j:plain

サービスカウンターの人は簡単な英語ができるので、ポルトガル語ができなくても大丈夫です。

発行手数料として12ユーロを支払って、この日はおしまいです。

手数料はカード払いもできます。

申込書の下半分を切り離して渡され、これを持って翌日(たぶん翌営業日)の15:30以降に受け取りに来るように言われました。

サービスカウンターの営業時間は7:45~19:45なので、あまり夜遅くならないように気をつけましょう。

Lisboa Vivaを受け取る

f:id:ohexuan:20170429101117j:plain

翌日、またmarques de pombal駅へやってきました。

f:id:ohexuan:20170429101245j:plain

昨日受け取った控え(申込書の下半分)を持って、また列に並びます。

カウンターで控えを出すと、すでに作成されていたカードを渡されました。

f:id:ohexuan:20170429101515j:plain

Lisboa Vivaは、券売機で購入したViva viagemと色合いは似ていますが、色々と違いがあります。

材質がプラスチックになりました。Viva viagemは紙製のペラペラのカードだったのでちょっと不安でしたが、これで安心です。

顔写真、氏名などの個人情報が記載されていて、譲渡したり使い回ししたりできないようになっています。

30日間乗り放題になるので、その辺はきっちりしているようです。

ICチップが付いているようですが、これは何に使うのか、まだわかりません。

30日パスをチャージする

ところが、このカードを作っただけではまだ使えないようです。

自分の行動範囲に応じた「パス」をこのカードにチャージして始めて、乗り放題が有効になるのだそうです。

f:id:ohexuan:20170429101628j:plain

サービスカウンターにパスの料金表が掲示されていましたが、リスボン市内がメインなら「Navegante Urbano」か「Navegante Rede」のどちらかを選ぶといいとのこと。

どちらも有効期限は30日間で、「Urbano」が36.2ユーロ(約4450円)、「Rede」42.65ユーロ(約5250円)です。

「Urbano」か「Rede」では乗車範囲が違い、「Urbano」はリスボン中心部(下の地図の背景が白いエリア)、「Rede」はその外の郊外エリアも乗車可能です。

(下の地図をクリックするとPDFが開きます)

[f:id:ohexuan:20170505215707p:plain]

がすごく安いということもありませんが、公共交通機関にその都度支払って乗っていると1日10ユーロぐらい使ってしまうことを考えると、十分節約になります。

こちらも、サービスカウンターでチャージすればカード払いできます。(アメックスは使えません)

ちなみに券売機では、ポルトガル国内のMultiBancoカードしか受け付けないようです。

ということで、せっかくパスも作ったことだし、リスボンのあちこちに出かけてみようと思います。

f:id:ohexuan:20170429101940j:plain

【オススメ】年じゅう海外に出かけている私が両替に使っているのが「セディナカードJiyu!da!」。

世界中どこの国のATMでも現地通貨が引き出せるのに、両替手数料は0.15%と驚きの低コスト。

年会費完全無料なので、保有コストもかかりません。

JetpackのパブリサイズでGoogle+が「自分とだけ共有」となってしまう

運営しているWordpressブログでJetpackプラグインを使っている。オールインワン的なプラグインで非常に便利なのだが、1つだけ困ったことが。

JetpackのパブリサイズでGoogle+が「自分とだけ共有」となってしまう

Jetpackにはパブリサイズ共有という機能があり、ブログの更新時に各種SNSに自動的に通知をしてくれる。

SNSにいちいち書き込まなくても宣伝してくれるこの機能はとても有用な機能だ。

f:id:ohexuan:20151201231737p:plain

FacebookTwitterGoogle+が主に使われるSNSだと思う。

Facebookへの投稿が全文投稿になってしまうのは、とりあえず置いておくとして、目下困っているのはGoogle+への投稿が「自分とだけ共有」となってしまうこと。

f:id:ohexuan:20151201232054p:plain

今のところは、再共有をして一般公開にしているが、これでは自動化のメリットがほとんどない。

方法はないだろうかと検索していたら、Jetpackの公式サイトに対策が紹介されていた。

f:id:ohexuan:20151201232210p:plain

要するに、Google+の「アプリとアクティビティの設定」で既定の公開範囲が変更できるよ、ということらしい。

Google+のアプリとアクティビティの設定を「一般公開」に変更する

Google+に該当するアカウントでログインし、設定画面を開く。

現時点では旧バージョンの設定画面からしか設定できない

Google+が新バージョンに切り替わっていたら、旧バージョンに切り替える

f:id:ohexuan:20151201232502p:plain

旧バージョンの設定画面中ほどに、「他のアプリとアクティビティの管理」という項目がある。

f:id:ohexuan:20151201232618p:plain

ここの「アプリと投稿への +1 を管理」というボタンをクリック。

f:id:ohexuan:20151201232759p:plain

ここの公開範囲が「自分だけ」になっているはずなので、その横の「編集」をクリック。

f:id:ohexuan:20151201232915p:plain

表示されたダイアログで「一般公開」を選択して、「保存」をクリック。

これで、次からの投稿は、自動でGoogle+に一般公開されるはず。

DELLのノートPC(Latitude 3550)でスクロールロックをON/OFFする方法

Excelを使っていたら、何かの拍子にスクロールロックがONになってしまった。

f:id:ohexuan:20151113154720p:plain

解除したいと思ったが、この機種(Latitude 3550)キーボード上にScroll Lockキーがない。 f:id:ohexuan:20151113155032j:plain

調べたところ、[Fn]+[s]キーの組み合わせで、Scroll Lockキーに相当するとのこと。

無事にスクロールロックが解除できた。

iOS9でアプリがバックグランド動作しなくなったら確認すること

バックグラウンドで音楽再生するアプリを開発しているが、iOS9でバックグラウンドで動作しないという報告が上がってきた。

調べてみると、Xcodeのplistに、"Application does not run in background"という項目を追加し、"NO"を設定する必要があるらしい。

参考URL

stackoverflow.com

WordPress4.3に更新したらエディタ画面のボタンが反応しなくなった

管理しているWordPressブログをWordPress4.3に更新したところ、エディタ画面のボタンが反応しなくなった。

WordPress4.3に更新したエディタ画面

「メディアを追加」ボタンやビジュアル/テキストエディタ切り替えボタンなど、マウスでクリックしても何の反応もしなくなった。

f:id:ohexuan:20150825164843p:plain

エディタ系のプラグインを確認

ブログの表示そのものには問題ないので、エディタ系のプラグインが対応していないと推測し、一つずつプラグインを無効化して確認した。

インストールしているエディタ系プラグイン

  • AddQuicktag

  • Flickr - Pick a Picture

  • Post Snippets

  • SyntaxHighlighter Evolved

  • WP Character Count

WP Character Countプラグインが原因

この中でWP Character Countプラグインを停止したところ、エディタのボタン類が反応するようになったので、WP Character CountプラグインがWordPress4.3に対応していない様子。

文字カウント系プラグインは要注意

WordPress › Support » WP 4.3 totally changed the implementation of word-count.jsによると、WordPress4.3ではword-count.jsに大きな変更があったようで、他にも文字数カウント系のプラグインを使っている場合は注意が必要と思われる。

当面、WP Character Countプラグインは外してプラグインの更新を待ってみる予定。 と、思ったけど、どうやら WordPress › フォーラム » 投稿編集時の「単語数」によると、WP Multibyte Patchにも同様の機能が実装されているようなので、外したままでもいいのか…